約半年ぶりのご無沙汰でした。わずかな方々だけど、このblogを読んでくれている方々、ごめんなさい。

学生時代からの友人で、私の体ことなどよく心配してくれるSちゃんからも数日前にメールをくれて、「ブログも更新していないけど調子悪い?」と。

Sちゃんは、勿論もともと優しい人柄だけど、皮膚病で普通なら触りたくもない仔猫が道端にうずくまっていると、家に連れ帰り自費で病院に連れていき、最後はSちゃん家の家族にしてしまう。大雨の中を歩いているときに、金魚が流されて、バタバタしていると救って家まで連れていき、やっぱりSちゃん家の家族にしてしまう。この金魚の名前は、“”きんちゃん“”。最近、Sちゃんのお兄様ががんの病に・・・。一時は、危なかったそうだが、検査結果は、良性で体力も回復されてきたらしい。金魚のきんちゃんは、確かSちゃんが救ってきてから数年は経つと記憶するが、そのきんちゃんが、お兄様が病魔と闘っているときに、お星さまになってしまったらしい。Sちゃんも言っていたが、きっとお兄様の身代わりになってくれたのだろう・・・と。土の中に眠らせてあげ、お線香を供えた写真をメールに添付してくれた。「Sちゃんママ、ありがとう。幸せだったよ」きっと、きんちゃんもそう感じているだろう。Sちゃん自身も、これからの人生、生き死にの境目にいる生き物たちに優しく接しているのだから、幸せな時間を過ごすことができるだろ。

何事にも「当たり前のように」何に対しても優しく接することができる人。嫌味でもなく、見返りを期待するわけでもなく。私自身もそうでありたいと思う。子供のころに祖母が「あの人は何に対しても親切にしたから”畳の上で・・・”」と言っていたが、Sちゃんこそそうであろう。



我が家は母子家庭だったため、できるだけ母の負担を少なくしようと思い、私は働き出してから自動車の免許を取得した。1台を長期間乗っていたということもありこれまでに、5台乗り換えた。勿論、私の収入で購入するのだから、国産車ではあるが、全ていわゆる「スポーツカー」と呼ばれる車高の低い2ドアの車。ちょっと自慢しちゃうと、バックからの車庫入れは、99.9%の割合で1発で入庫させた。どんな駐車場でもね!
だいたい、車の色は赤!車の中もすべて赤にして、男性でも乗りたくなるような車だったと思う。勿論、大人ですから交通法規も守り、車自体にもステッカーを貼ったり、ピッカピカさせたり、けたたましい音が出るようなことはしなかった。
しかし、車いすとの生活が決まった時、小さい折り畳みの車いすならいざ知らず、電動車いすなので、多少折りたためたとしても、スポーツカーのトランクに入る訳がなく、否が応でもスポーツカーとは決別しなければならなかった。逆に電動車いすがそのままの状態で収納できる「福祉車両」に乗り換える必要があった。
信号待ちをしているときに、隣の車線に停車しているドライバーが、こちらをのぞき込んで、「女が運転しているんだ」。駐車するときに、そばで見ているおじさま方やお兄様方が、好奇の目で見ている中で一回で、駐車場のラインに沿って真っすぐ「ななめにならず」止めると、「へぇ~!女でもやるじゃん!」という視線を感じるのがたまらなく刺激的だった。
しかし、車いすに乗らなければならない=愛車との別れ、というところまで考えが及ばなかった。車いすの業者さんとの打ち合わせで、自分の車いすの青写真が出来上がって、そこで人に言われて初めて気が付いた。車いすをそのままの状態で乗せられる福祉車両と2台の車を維持できるほど経済的余裕もない。ちょうどその時期にお台場で、国際医療機器展示会という大きな展示会がおよ押される予定になっていた。昨年も行き、福祉車両や付属するための器具や、改造モデルなどたくさん出品されていたので、まずはそれを見てから車をどおするか考えようということになった。
しかし、結果は、どれもダメだった。今の愛車を見切り、福祉車両に移行するしかなかった。
車いすを作ってくれた業者の方の勧めで、某有名メーカーのボックス車が元から福祉車両になっているからいいよ…というので、お店に行き見に行ってきた。まず、私を愕然とさせたのは、フォルムでもなく内装でもない、「軽車両」ということだった。軽車両を見下しているわけではない。ただ、今までの私の車に対する気持ちからすると、どうしても「黄色いナンバー」に抵抗があった。
一般車では、福祉車両にすると、かなりの金額になる。経済的に無理!でも、逆に1つだけ私の心を動かす点がいつだけあった。
たまたま、ニューリアル記念で、特別仕様車として「桜パール」色があったことだった。ディーラーが言うには、今月中の販売までの特別色ですだとか。でも、車のつくりから、フォルム、スピード感、それにやっぱり、黄色いナンバー。おまけに「品川」から「世田谷」ナンバーに代わってします。世田谷にわざわざ変えた人がいると結構いると聞くが、私はやっぱり品川!
しかし、よーーく考えて直してみると、もう自分は「身体障害者1級」。車のフォルムがどうの、ナンバーがどうのこうのと言っている場合か!おまけに経済的にゆとりがある訳じゃない。車いすに特化した車を選択するべき・・・と考えなおし、頭の中をリセットした。
結局、最初から福祉車両として作られている軽自動車のボックスカーにした。おそらく街中ではほとんど見かけない「桜パール」色が今なら選べる。本当にきれいなピンク色。ディズニーのトイストーリーに出てくるような可愛らしい車。・・・と考えるようにした。
どう?可愛らしいでしょう?
自分の体を考え、これから多くの人に迷惑をかけ、お世話になるのだし、根本的に考え方を変えなければならない。抵抗を感じていた黄色いナンバープレートも、ちょこっと贅沢をしてオプションでピンクゴールドの純正のフレームをつけたら、結構豪華に見えた!素敵なピンクでしょ!
可愛い路線で車内もいじっています。
今では、結構というか、かなり気に入っています。この車にして1年弱だけど、まだ、この桜パールに出会っていません。この桜パールにはひとめぼれでした!(^^)!
a0335736_18575016.jpg

























まだまだ、私のだ~い好きなPINK色ともっともっと高級車との出会いはあるんですよ~。
へへっつ(-_-;)


Être continué


ここのところの猛暑のためか、食欲が珍しくなくてアイスばかり食べています。固形物はう~~~ん。

昔ながらのあずきバーがお気に入り。暑さに対しては皆さんほど感じない。熱射病対策で、見守りコールというのがエアコンについていて、室温が28度以上になると、「お部屋の温度が高くなっています」と教えてくれる。外に出ると、暑さは、幸いながら皆さんほど感じないけど、陽ざしが痛くてたまらない。差し込むように陽ざしがビリビリしているところへ、差し込んでくる。そのため、引きこもり中!だから、尚更、あずきバーと仲良しこよしになってしまう。我が家の冷凍庫には、必ずあずきバーが5本以上は入っている。5本を切ると心細くなってしまうので、セブンイレブンの配達便かアマゾンプライムナウで「ホッチ」っとしてしまう。おいしいと思いませんか?やっぱり、ロングセラー商品!!


読んでくれてありがとう (^_-)-☆

erikumako



# by mp_erikumako | 2018-07-18 19:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)